header

ローンの返済ができなくなった場合

  • 借りたお金はきちんと返したいというのが、良識にある人の考え方だと思いますが、気持ちはあっても現実的にどうしてもローンを返せなくなるということがありますね。そのようなときにはどうしたらいいでしょうか?

  • もし、これからも収入は見込めるというのであれば、個人再生の手続きをすることができます。これは、住宅ローン以外のローンの返済をかなり減らせる手続きです。その他のローンの返済が減るので、その分を住宅ローンに回すことができます。自分の家を手放すことなく、無理のないペースでローンを支払っていくことができます。

  • もし、失業や病気でローンを返済しきれないと判断した場合は、自己破産という手続きをとることができます。この場合は、住宅や高価なものは手放さなくてはなりません。手元に20万円ほどの現金が残ることになります。自己破産のメリットは、すべての借金から解放されて新しい生活を始めることができるという点ですね。

  • 住宅ローンを返せなくなった場合には、任意売却という方法もあります。これは、住宅を売って、ローンを返済しますが、住宅を売っても借金が残る場合は、返済の方法について債権者に交渉して無理のないペースで返していくことができます。また、身内に家を買ってもらい、身内に費用を返済することで、そのまま家に住み続けることも可能です。

  • 住宅ローンが返せなくなって、督促状や勧告状を無視していると家は安い価格で競売にかけられ立ち退かなければならなくなるので、そうなる前に必要な手続きをすることをお勧めします。

    僕の場合は車のローンで苦労しました。思い切って購入した600万円の車でしたが、維持費などが高すぎて1年も乗らずに売却してしまいました。。。高く売れたお陰で今はローンに追われる生活から抜け出せました!その時参考にしたサイトのおかげで高く売れたようなものです→→車を高額で買取してもらう為に参考にしたサイト