header

信販会社の教育ローンについて

  • 男性06

    子供を幼稚園から大学まで行かせるには、1000万円以上かかるとされています。もちろん、公立か私立かでも金額はだいぶ違ってきますね。大学まですべて私立に入れたとすると2000万円以上かかるようです。
  • このようにたくさんのお金がかかり、特に大学進学の時には、受験費用や試験会場までの交通費、宿泊費、進学してからのアパート代など様々な費用がかかります。このような費用を賄うお金が不足している場合は、教育ローンを利用できます。
  • 教育ローンには国の教育ローンや銀行、信販会社の教育ローンがありますが、信販会社の教育ローンは、大学と提携していることが多いので、非常に便利です。進学を希望している大学がどこの会社と提携しているかを調べて申し込むことができます。大学に支払うために借りたお金は、大学の口座に直接振り込まれるので手間がかかりません。
  • ただ、信販会社の教育ローンは、銀行の教育ローンに比べると金利が高く、使途も入学金・授業料・教材費・実習費等、学校へ支払うお金のみとなっています。受験費用や交通費、アパート代などのためには使うことができないのがちょっと残念ですね。